毎日のように排水溝掃除をしていても、長年の汚れが溜まっていくと突然水道詰まりを起こしてしまうことがあります。水道詰まりの原因として、食品に含まれる動物油脂や植物油脂、洗剤カスやヌメリなどが挙げられます。突然水道詰まりが起こるとパニックになってすぐに水道業者に連絡してしまいがちですが、水道業者に頼むと値段も安くありません。そんな時に、自分で修理する方法を知っていれば安心です。

水道詰まりを自分で修理するには、専用の道具が必要なイメージがありますが、自宅にあるタオルやペットボトルを使って修理をすることができます。タオルを使う方法は、まずいらないタオルを用意します。そして、排水溝のトラップを外し排水溝の入り口にタオルを隙間なく詰めていきます。その後、シンクの中に約50度程のお湯を貯めてタオルを一気に引き抜きます。

排水溝のつまりが、さほどひどくなければこの方法で解消できます。少し水が流れるような改善が見られたら、パイプクリーナーを使用して残りのつまりを取っていきます。他にも、ラバーカップの代わりにペットボトルを使う方法があります。排水トラップを外して、排水管とペットボトルの口を隙間がないようにつなぎます。

その後、ペットボトルに圧をかけるように凹ませることでつまりが解消できます。ペットボトルの周りにタオルを一枚巻いておくと、隙間ができにくくなりより効果が出てきます。このように水道詰まりが起こっても、自宅にある道具で比較的簡単に修理する方法があります。水道業者に連絡する前に、自分で試してみることも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です