毎日使うトイレに水のトラブルが起こってしまうと、すぐに修理が必要ですし、使えない期間があるととても困ってしまいます。トイレのつまりは、排水管に汚れや人間の排出する油分や尿酸などの成分、水のカルシウム成分などが複合してこびりついたものが原因になっていることが多く、そこにさらにトイレットペーパーや汚物が絡みついたりしたときに一気にあふれてきてしまうことが多いようです。水漏れは、水道管や連結部分、トイレタンクなどの劣化によって起こることが多く、一度劣化してしまったか所が自然に元に戻ることは無く、修理をする必要があります。トイレの漏れやつまりは、放置すると大量の水や汚水があふれ出ることにつながります。

汚水があふれてしまうと汚れやシミが床や壁についてしまうだけでなく、においもこびりついてしまうので、あふれる前に兆候に気づいて早めに修理することがとても大切です。汚水や水が大量にあふれてしまった場合には、程度にもよりますが床板をはがしたり、壁板をはがして見えない部分で水が染み込んでしまった構造体の交換や修理をすることが必要になることもあります。つまりや水漏れを早期に見つけて修理した場合と比べると、何倍もの費用と時間がかかってしまうため早めの修理をおすすめします。水が滴っているような跡がある、水道管が濡れている、変な音やにおいがする場合は、水の流れが悪くなくても点検をしてもらったほうが良い状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です