街中で良く行っている水道工事は国が計画的に行っていることがほとんどで、大規模で行われるような時であれば事前に地域のどこの範囲からどこの範囲までかを連絡されていることも多いでしょう。ですから水道のことで困るようなこともないでしょう。しかしながらそうした計画的な水道工事を行う前に洪水や災害などが到来してしまい、やむなく緊急で工事を行わなければいけないことも出てきます。静岡でもそれは例外ではないので、静岡の住宅が少ない地域であっても十分な水の貯えというのは必要です。

普段空気のように自然にある水ですが、ないとなると日常生活にとても困るので、たくわえをしておくことが身を守ることにもなるのです。そして水道工事を静岡で行うような時は、万が一断水の期間が長引いて使えなくなった時はどうしたら良いのかも考えて、臨時で水が使える場所なども調べておきましょう。また、水が足りない時に困るのは自分たちだけでなく周辺の人も同じであることが多いので、自治体から水が提供されるような場所も把握しておくと良いです。早くに支給される場所を知っておくことで急な水の不足にも焦らずに済みます。

また、災害の為に必要になった水道工事というのは、どれくらいの期間を経て完全に復旧させることができるのか、確実な日数が出せないということもあります。ですから予想している期間よりも長くなることを見通して水不足による対応を考えていくようにもしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です